SEARS BLOG
シアーズブログ

2020.04.20

ホントに便利なの?分譲マンションの「匿名査定」について

皆さんは、分譲マンションの「匿名査定」についてご存知でしょうか?
「ゆくゆくは今のマンションを売却しようと思っているけど、どのくらいの価値があるか分からない」
そんなときに利用できる方法です。
文字通り「匿名でマンションの査定を受けられる」というもので、スピーディにマンションの大まかな価値を知ることができます。
世間では「便利な方法!」といわれている匿名査定ですが……実際のところはどうなのでしょうか?

今回は、その具体的な方法やメリット・デメリットをまとめてみました。

不動産査定の方法

そもそも不動産の査定方法には、「机上査定」「訪問査定」「匿名査定」の3種類があります。

○机上査定

机上査定

不動産会社に物件情報を伝え、その情報をもとにマンションの査定を行う方法です。
不動産会社は、「築年数」「間取り」などの情報をもとにして、同じエリア内で似ている物件がいくらで取引されたのか、過去の売却事例を参考にして簡易的な査定を行います。
スピーディに結果を知ることができるという点が大きなメリットとして挙げられます。

○訪問査定

訪問査定

不動産会社のスタッフがマンションに足を運び、実際に物件をチェックしたうえで査定する方法です。
データだけでは分からない詳しい立地条件、経年劣化の状況、周辺環境などの細かい部分も見て、適正な査定額を算出します。

○匿名査定

匿名査定

匿名査定サイトの入力フォームに簡単な物件情報を入力し、送信すると査定結果が返ってきます。
きわめて短時間で結果が表示されるので、時間がないときもスムーズに売却相場を知ることができます。
また、匿名査定はあくまでも査定サイトに情報を送信するだけで、不動産会社に個人情報を伝える必要がありません。
査定後に不動産会社からしつこい営業連絡が来たりする心配がないというメリットがあります。
そういう意味では、確かに便利な方法であるといえるでしょう。

匿名査定の注意点

匿名査定は「簡単でスピーディ」というメリットがありますが、以下のような点には注意する必要があります。

○概算・目安でしかない

「査定結果が目安でしかない」という点には注意する必要があります。物件の簡単な情報のみで査定を行うため、立地条件や物件の状況などを加味した査定結果が算出されません。
マンションの価値がどれくらいなのか大まかに知りたい場合には便利ですが、あくまでも大まかな価値しか分からないことに留意すべきといえるでしょう。

○査定結果を詳しく聞けない

不動産会社と直接やり取りをするわけではないので、査定やその結果に関する疑問、不満などを解消できないのも注意点のひとつです。
匿名査定は、基本的に結果が表示されればそれでおしまい。詳しく知りたいと思った場合には、不動産会社による査定を受ける必要があります。

具体的に話を進めるなら「机上査定」や「訪問査定」を!

いかがでしょうか。
上記のように、匿名査定は一見すると便利ですが、実際にマンションを売るとなるとあまり役立つものではないといえそうです。
具体的にマンション売却を進めたいと考えている方には、不動産会社のプロとしっかり話を詰めることができる「机上査定」「訪問査定」をおすすめしたいと思います。